専業主婦におすすめのキャッシング

急にお金が必要になることは珍しくありませんが、そんな時に限って残高が乏しい、給料日まではまだ日数があるということも少なくありません。

 

そんな場合はキャッシングやカードローンも便利ですが、この場合もやはり融資を受けるためには条件があります。

 

まず、返済能力があるということが大切ですので、毎月安定した収入があることは欠かせない条件です。それゆえ無職の人は融資を受けることは難しくなります。
主婦の場合はどうなるのかも気になるところですが、現在ではパートやアルバイトで働く主婦も増えており、本人に収入がある場合は、特に配偶者の同意も必要なく、本人の名義で借入することができます。

 

そして、まったく本人に収入がない専業主婦の場合はどうなるのかも知っておきたいですが、消費者金融の場合は総量規制がありますので、本人に収入がない場合は借りることはできません。

 

総量規制対象の消費者金融ではそのままでは専業主婦の場合は借りることは難しいですが、配偶者貸付を利用すれば借り入れができる場合もあります。
これは総量規制の例外で、本人と配偶者の年収の合計の三分の一までの融資を受けることができます。この場合は配偶者の同意も必要ですし婚姻関係を証明する書類も必要です。

 

配偶者の同意を必要としないで借入をするなら銀行のカードローンにも注目してみましょう。

 

銀行系カードローンと混同してしまいがちですが、銀行系カードローンは銀行が資金をサポートしている消費者金融です。銀行カードローンは銀行が提供しているサービスで、こちらは総量規制対象ではありませんので、専業主婦にも利用しやすくなっています。

 

銀行カードローンの場合は特に配偶者の同意がなく、専業主婦の人も申し込みができることが多くなっています。そして、この場合も配偶者に安定した収入があることが大切です。

 

専業主婦に対する融資も、銀行により条件は違いがありますので、申し込む前には良く確認しておきましょう。