身内からお金を借りるときの注意点

旦那にバレたくないからキャッシングは利用できないという場合、身内からお金を借りる方法がありますがある程度のリスクがあります。

 

借りる時にうるさく小言を言われたくない、あとの人間関係を悪化させたくないとも思います。兄弟は親よりも借りやすい相手ですが、将来も付き合いをしていくことを考えると早く返済をしなくてはいけません。

 

兄弟間のトラブルでも金銭トラブルは本当に多いです。成人している子供がいるのなら、生活費が足りないという理由で援助してもらうという方法もありますがすでに子供が結婚していると難しい時もあります。

 

祖母というのは孫に対して金銭的に寛容な相手でもありますので、本当に困っているのなら一時的におばあちゃんを頼るという方法もあります。ですがおばあちゃんが元気なうちには完済したいです。お金を借りることに対して一番口うるさく言ってこない相手なので、孫という立場からはお金を借りやすいです。

 

身内にお金を借りる時には、返済方法をどうするか、いつまでに返済するかははっきりと最初に決めておきましょう。分割で返済する場合には、毎回領収証を書いてもらうなどしてしっかり管理しておくと、もし次に困った時にも快くお金を貸してくれます。

 

友人知人にお金を借りる

消費者金融や金融機関からお金を借りる場合、審査がありますし、返済が少しでも滞ってしまうと信用情報機関に事故情報が残ってしまい今後住宅ローンや自動車ローンを組もうと思ったときに借りられなくなってしまうことがあります。

 

また、返済金額も借り入れ会社の規定に基づいて決められるため毎月返すのが辛くなることもあるでしょう。そのような時、信頼できる知人や先輩、友達、恋人、異性 、同僚、上司にお金を借りようと思う人もいるのではないでしょうか。

 

関係性にもよりますが頼んでみようと思う間柄の人であれば無理のない金額で返していけるようにしてもらうこともできるでしょう。

 

しかし、お金のトラブルは人間関係を悪化させる原因になります。そのため、あまりおすすめできる方法ではありません。しかし、どうして借りなければならないという状況もあるため、そのような際は次のようなことに気を付けましょう。

 

まず、きちんと返す意思を明確に伝えましょう。金額によっては返さなくて良いという人もいますが、後でトラブルになることを防ぐためにはしっかりと返すことが大切です。

 

また、返済のしかたや金額、利子などについても、書面で残してください。書面で残しておくことで、万が一関係性が悪くなってしまったときに返済方法について言った言わないの問題になることを回避できます。