契約社員や派遣におすすめのキャッシング

契約社員や派遣でもカードローンやキャッシングでお金を借りることはできます。20歳以上であり、安定した収入が得られているので利用条件を満たせるからです。銀行カードローンの中にはアルバイトやパートは認めない条件の厳しいものもありますが、契約社員や派遣であれば問題ありません。

 

ただし、高額の借り入れを希望する場合には問題が出てくるので注意しましょう。安定した収入、という面では正社員と比べたときに不安定な雇用形態になるため、信用を得にくくなります。対処方法としては、できるだけ勤続期間を長くして安定性を示せることが重要です。

 

頻繁に仕事が変わってしまうと収入が途切れることを警戒されて審査で不利になってしまうので注意します。

 

もし銀行に申し込んで落ちてしまうのであれば、消費者金融を検討しましょう。金利が高いので優先して申し込む対象ではありませんが、銀行よりは審査が緩いので通る可能性が高くなります。

 

契約社員や派遣で所属している会社と勤務先が異なっている場合には、在籍確認の連絡先も注意が必要です。誤った応対をされたことで在籍確認に失敗して落ちてしまうことがあります。在籍していることが確認できれば良いものなので、金融機関からは電話番号に対する指定はありません。そのため、確実に応対ができる方を記載しておくのが安全であり、所属している会社にすることが多いです。

 

ただし、電話番をしている社員が誤った応答をする恐れもあるため、可能であれば電話があることを伝えておくことも検討しましょう。

 

このように契約社員や派遣でもカードローンやキャッシングの契約はできますが、信用が低いので限度額が低くなってしまうことは避けられません。不便になりますが、逆に考えれば借り入れが制限されていることで、万一職を失って収入が途絶えても返済額を抑えられるリスク回避になります。そのため、借りられる金額で対応できるように支出を見直すと良いです。