個人事業主におすすめのキャッシング

個人事業主やフリーランスの方は会社に勤めている人に比べてお金が借りにくいです。個人事業主やフリーランスの場合は、経営規模や基盤が法人に比べて弱いですし、事業の実態が掴みにくいからと思われます。

 

個人向けのカードローンに申込をする場合は、借入金額を少額にして、不要とされる50万円以内でも確定申告書の控え等の収入が分かる証明書を提出できるようにするのがおすすめです。

 

借入金額が少ないと貸し倒れのリスクが低いと判断されることがありますし、収入があると判明すれば返済能力があると知ってもらえます。確定申告書の控えがない場合は、自治体から発行できる課税証明書でも構わない場合があります。

 

自営業の方が事業用のお金を借りる場合には銀行ではなく、自営業向けの融資を扱っている消費者金融や信販会社での借入が向いていることがあります。銀行は事業融資を行うのに審査に時間がかかることがありますし、金利が低いため貸し倒れのリスクが少ない大手の法人でないと難しいでしょう。

 

地元密着型の地方銀行や信用金庫では、営業エリア内にある自営業者向けの借入プランを用意している場合があるので、探してみることを勧めます。消費者金融や信販会社の個人事業主向けのローンの場合、即日融資や審査後に迅速にお金を振込手続きをするなど申込者が利用しやすいように便宜を図ってもらえます。

 

ただし、起業して2年経たないと認められない場合がほとんどです。何故なら必要な書類の項目に、直近2年の確定申告書と内訳書などの控えを提出することと書かれていることから、2年は確定申告を行っていなければならないことが分かるからです。

 

独立したての方や会社を興すにあたり創業資金を受けたい場合は、日本政策金融公庫の新創業融資制度や、都道府県もしくは、市町村などの自治体が窓口となって融資を受ける制度を申し込むことも可能です。これらの制度は審査を受けるのに時間がかかる場合があり、申込手続きをしても数ヶ月かかる恐れがあります。また、細かい部分まで練った経営や返済計画書が必要となり慣れない場合は非常に大変です。