外国人におすすめのキャッシング

 

永住権のない外国籍の外国人がお金を借りることは可能となっていますが、その基本的な知識についてみていきたいと思います。

 

まず外国人が日本で借り入れの申請をするためには、在留カードまたは特別永住者証明書を提出すること、安定収入が有るか無いか、日本語の読み書き能力があるか、在留期間が十分と認められるほどに残っているかという点が最低限必要な条件となります。

 

在留カードや特別永住者証明書は外国人がお金を借りる時に必ず提出を求められます。これらの書類は国が認めた外国人であることを証明するための物なので日本で借り入れを行う場合の必須条件ですが、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類が必要となる場合もあります。

 

また、安定した収入の有無は外国籍の人に限らず求められる審査条件であるため当然必要となり、定職についているのであれば外国籍の方であってもお金の返済に対して信用が出るため融資してくれる可能性が高いといえます。日本語の読み書きは後々のトラブルを防ぐためにも必須条件の一つとなっており、さらに、在留期間が十分残っていないとお金を貸しても返してもらえない危険があるため、その点も金融機関は注意してみています。

 

在留期間の長さは金融機関によって異なってくるので一度相談してみるとよいでしょう。永住権のない外国籍の方がお金を借りる方法はありますがいくつかのハードルがあり銀行系のカードローンでは難しいといえ、在留カードのみでお金を借りることのできる消費者金融系のカードローンの申請をしましょう。

 

複数年同じ会社で働き、収入が有り、在留期間が十分残っているのであれば審査基準を満たします。
外国人だからといってカードローンやキャッシングを諦めてはいけません。

 

このような規準さえ満たしていれば急にお金が必要になったときにカードローンやキャッシングの申し込みを受け付けてくれる金融機関は多数ありますが、まず大手消費者金融を検討することをお勧めします。