アルバイトやパートにおすすめのキャッシング

借金をする場合、その人の社会的信用度が高いかどうかと言う事も審査結果に影響する場合が多々あります。その為、大企業や公務員が融資を希望する場合の方が審査に通りやすく、個人事業主やパート、アルバイト等で収入を得ている人は審査に通りにくい傾向です。

 

とはいっても、絶対にバイトやパートの人は融資を受けられないというわけではありません。

 

例えば、消費者金融の扱っているカードローンやキャッシングの場合、雇用形態を問わないと言う商品も多く存在しています。この場合に審査の時に重視されるのは、20歳以上である事や、安定した収入がある事です。

 

パートやフリーターの場合、確かに正社員として仕事をしているわけではありませんが、毎月一定額の収入を得る事は十分可能です。だから、その収入が安定している事を証明できれば、アルバイトやパートでもお金を借りる事は可能です。

 

ただ、全ての金融機関がパートやアルバイトに対して融資を行っているわけではありません。消費者金融の場合は雇用形態を問わない所が多いのですが、銀行の場合は雇用形態を問う事も珍しくないからです。だから、利用する金融機関によってはフリーターだとそもそも融資対象者に含まれていないと言う事もあるため注意しなければなりません。

 

しかし消費者金融等は消費者に対して積極的な融資を行っています。だからフリーター等でも安定した収入がある20歳以上であれば、その収入の範囲内でお金を借りる事も可能です。しかし収入があれば必ず融資を受けられるわけでもありません。

 

安定した収入がある事を証明できなければならないからです。この場合、仕事を代わったばかりとか働き始めたばかりと言うのは、まだ収入がどの様に増減するか全くわからない状態です。

 

少なくとも半年以上、できれば1年以上は同じ職場で働いていれば、コンスタントに大体同じ位の額が入ってくる証明になります。ただこれはパートやアルバイトだけでなく正社員として働く場合も同じ様に勤続年数はチェックされているので、特別な事ではありません。