カードローンの申込。最短融資を受けるには

カードローンは今は多くの人が気軽に利用していますので、自分も利用してみたいと感じている人は少なくありません。実際には利用はどのような流れになるのでしょうか。申し込み方法はとてもシンプルです。

 

まずはネットや電話、無人申込機、あるいは店舗などを利用します。自分の利用したいカードローンで、自分にとって便利な方法で申し込めば大丈夫です。必要な書類としては身分証明書や収入証明書となります。

 

身分証明は免許証や保険証などで大丈夫です。審査時間は金融会社によりますが、消費者金融は比較的短く、銀行は若干長めになります。最短で即日という利便性の高い消費者金融も増えています。

 

審査の最終で在籍確認という電話連絡があります。無いところもありますが、簡単な確認だけですので聞かれたことに答えれば大丈夫です。その後審査に通りますとカードが届きますが、最近ではカードレスのところもあります。

 

カードローンの申し込みの注意点としては、一度に何社も申し込まないようにするということです。多くても2社程度にとどめましょう。同時期に何社もまとめて申し込みをしますと、お金に困っているのではと判断されて、通る審査に通らなくなる可能性があるからです。

 

お金を借りる審査で必要なもの

カードローンやキャッシングでお金を借りる時に必要な書類があります。これらを用意できないと、いくら審査に通過していても融資を受けることはできません。

 

お金を借りる時の必要書類には「身分証明書」と「収入証明書」があります。
身分証明書は誰にでも必ず必要になる書類です。運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバー、住基カードなどがあげられます。また、外国人の場合は在留カードや外国人登録証明書が身分証明書になります。

 

収入証明書は人によって提出が求められます。消費者金融からお金を借りる場合は、「限度額が50万円を超える場合」と「他の消費者金融の借入れと合わせて限度額が100万円を超える場合」に提出が必要です。銀行からお金を借りる場合は、銀行側の判断によって異なります。給料明細(直近3か月分)、源泉徴収票、課税証明書などがあげられます。

 

基本的には身分証明証があればOK、場合によって収入証明書も必要と考えておくといいでしょう。借入れ契約というと印鑑や印鑑証明書が必要なのでは?と思われる方もいるでしょうが、印鑑証明は住宅ローンなどの大口の融資の時には必要ですが、カードローンなどの小口融資では求められません。

 

審査基準と通らない理由

お金を借りる審査に通らない方は、何が理由なのか今一度考えてみましょう。その上で、審査が甘いキャッシングを狙って申し込むことも必要です。

 

審査通らない方は、個人情報または信用情報に問題があります。
個人情報とは氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、収入などの基本的なパーソナルデータです。キャッシング審査では情報を点数化してスコアリングします。

 

例えば公務員5点、会社員3点、自営1点など点数化されており、そこに個人情報を当てはめて、基準点数をクリアできるかで判断されます。

 

信用情報とは、利用している金融商品の借入申込件数、借入額、返済状況などの個人の借入れにおけるデータです。返済が滞っている場合は問題外ですが、返済はできていても収入から見て借入件数や借入額が基準値を超えていてもいけません。

 

キャッシングは消費者金融や信販会社が提供していますが、消費者金融の中でも中小消費者金融の方が審査が甘いとされています。利便性や金利などを考えれば大手消費者金融がおすすめですが、大手業者では審査に通過できない場合は中小業者が狙い目になるでしょう。
一般的には金利と審査レベルは比例するとされており、金利が高い方が審査は緩くなります。