最短即日お金を借りる賢い方法

今すぐお金が必要な場合や今日中にお金が必要になることは誰にでもあることだと言えます。そんな時は即日融資が可能な消費者金融を利用することをおすすめします。消費者金融に良い印象を持っていない方もいらっしゃるかもしれませんが、現在は銀行系の消費者金融もたくさんあるので安心して下さい。

 

消費者金融で申し込みされた場合、審査の状況にもよりますが、早い方ですと申し込みから最短30分程度で融資を受けることが出来ます。今すぐ利用する上で最も大切なことは、会社の在籍確認が取れることです。

 

自宅の在籍確認は留守番電話でもコールのみでも問題ありませんが、会社の在籍確認が出来なければ、融資することは出来ないので、必ず会社が営業中に申込みされることをおすすめします。

 

無人契約機や有人店舗に来店する時間がない場合は、ネットで申し込むことも出来ますし、出先から携帯で申し込むことも出来ます。どちらも融資方法は銀行振込となるのですが、14時までに入金の手続きを行えば当日の夕方には入金の確認が取れるので、これらの方法を利用する場合は、午前中に申し込みされると良いでしょう。

 

このように緊急でお金が必要になった場合は、即日融資に対応している消費者金融がおすすめです。

 

内緒でお金を借りる上手な方法

家計を預かる専業主婦や、アルバイトなどで収入のある大学生は、銀行のカードローンが利用できるので、旦那に内緒にしたい人や、親にばれないでお金を借りる方法を知っておきたい人が多いです。

 

配偶者や親にバレずにお金を借りたい場合は、スマートフォンやタブレットを利用して、インターネットのWEB上で審査が受けられます。審査に受かるとカードを発行できますが、自宅に郵送をされたくない人は、自動契約機に足を運ぶとカードを発行できます。

 

消費者金融や銀行などの金融機関は、本人確認の電話も携帯電話に掛けてくれるので、家族にバレずに済みます。

 

お金を借りているのを、家族に知られたくない人が多いですが、金融機関はプライバシーに配慮しているので、利用明細などの郵送物は送られてこないのでバレない、ので安心して下さい。

 

消費者金融や銀行などの金融機関では郵送物は送られてきませんが、支払いを滞納すると郵便物が届く可能性があるので、延滞や遅延はさせないことが大事です。カードローンやキャッシングに使用するカードは、家族の目に触れない場所に保管しておきましょう。

 

本人確認の電話も個人名で掛けてくれるので、安心して利用できます。誰にもバレずにお金を借りることができるので、急な出費の時も安心です。

銀行・ゆうちょ・農協でお金を借りる

銀行系のキャッシングは消費者金融よりも金利が低いのが特徴です。

 

大手銀行だけではなく地方銀行などでもカードローンを取り扱っていて、普通口座を持っていない人でも銀行カードローンの契約は可能です。窓口での契約以外にネットや郵送での申し込みもできますし、カードローン専用のカードだけではなく、キャッシュカードをキャッシングと併用できるため利便性も高いです。普通口座を保有していると手続きがスムーズになりますし、返済も口座振替を利用できます。

 

農協には使途が決まっている住宅ローンやマイカーローン以外に使途自由なJAカードローンがあります。利用できる人は満20歳から65歳で、前年度の年収が200万円以上など条件はあります。自分が在住するあるいは勤務している都道府県の農協で申し込めます。上限が50万円までですので小額の融資向きです。

 

銀行以外に郵便局ではゆうちょの提供するカードローンの「したく」があります。このカードローンはゆうちょから申込めますが、契約自体はスルガ銀行と結ぶことになります。限度額が500万円までで、利用はゆうちょやスルガ銀行ATM以外にも提携ATMが利用できます。郵便局に行かなくてもWebや電話で申し込みができます。

 

大手・中小消費者金融でお金を借りる

消費者金融でお金を借りる為には、まず最初に大手を利用するのか、それとも中小の所を利用するのかを決める必要があります。

 

予め利用する消費者金融を選んでおかないと、お金を借りる事が出来るかどうかわからないと言って短期間で複数の所に融資の申し込みをしてしまうと申し込みブラックの扱いになってしまい、一定期間融資を受けられなくなってしまうからです。

 

だから自分の利用したい金融機関をまずは選ぶ所から始めます。それぞれの消費者金融を比較する場合は即日融資かどうか、適用される金利はどれ位か、返済方法は何か、手数料の有無等気になるポイントを軸にして比較検討します。そうすることによって、自分の希望する条件を満たしている消費者金融を見つけ出す事が出来る様になるからです。

 

大手や中堅等、自分の利用したい消費者金融が決まったら、次はそこに申込みをします。電話、インターネット、窓口、無人契約機等その会社によって扱っている申込方法が違っている為、その会社に合った方法で申し込む形です。

 

その際カードローンやキャッシング等利用したい商品を選び、自分の個人情報等も伝えて審査を待ちます。審査の結果によって融資の可否が決まり、融資可能と判断された場合は契約へと進みます。"

お金借りるについて気になる質問

お金を借りるのに年齢は関係ある?

カードローンやキャッシングの申し込みは通常は20歳以上が対象です。何歳であれば良いか、という年齢制限があるのは契約に関する法律が影響しています。保護者の同意を得ずに契約した場合、相手の都合で一方的に破棄が可能であり、元本も返す必要はありません。金融機関にとってデメリットしか存在しないため、20歳未満は対象外になります。
「成人」ではなく「年齢」で定義されていることもポイントです。法律上は結婚していると20歳未満でも成人の扱いになります。しかし、年齢が変化するわけではないため、カードローンやキャッシングの利用条件の制限は回避できません。
なお、学生専門のキャッシングであれば18歳以上であれば借りられるものもあるため、学生であれば探してみても良いでしょう。

在籍確認の電話なしにできる?

カードローンの契約では在籍確認は必須であり、会社に電話をします。プライバシーに配慮していますが、気付かれる可能性はあるため、勤務先に連絡されたくないときは電話なしにしてもらう必要があります。こちらの希望で在籍確認を省略してもらうことはできませんが、電話を書類に変更してもらえる消費者金融があります。対応しているところでも普通に申し込んで待っていると会社に電話されてしまうので、こちらから都合が悪いことを説明して交渉しましょう。単純に周囲に知られたくない、という理由では断られることもありますが、会社の規則で確認ができない場合や事務所が不在で今すぐ借り入れしたいなど、特別な事情があれば配慮してもらえます。

本当に無利息で借りれるの?

お金を借りたいと思った時は、まず銀行や消費者金融を思い浮かべると思います。審査に通ればお金は借りる事はできますが、返済する時には利息分を合わせて返さなければなりません。金額と利率にもよりますが、この利息が結構な金額になることもあります。できれば、利息なしでお金を借りることができるとうれしいですね。すべてではありませんが、一部の銀行や消費者金融では、無利息サービスを提供しているところがあります。これは、ある一定期間内に借入れ金額を全額返済すれば、利息が一切つかないというシステムです。期間は30日間が多いですので、5〜10万円程度の借入れで、次月までに返済のメドがたちそうな場合はぜひ利用したいものです。しかし、この無利息のメリットを利用できるのは、ほとんどの金融機関で初回の借入れ時のみに限定されていますので、この点に注意しておきましょう。

総量規制オーバーでも借りれるの?

いくつもの貸金業者からお金を借りて、返済ができない状態になる他樹債務の問題を解決するべくつくられたのが総量規制という仕組みです。これは原則として年収等の3分の1が融資を受ける上限額ということになり、返済能力以上の借り入れを防ぐことができます。しかし、すべての融資が総量規制を受けるわけではなく、クレジットカードを使ったキャッシングは規制されるけれども、クレジットカードでの買い物は総量規制対象外ということになりますから、収入等の3分の1を超えるカード払いの買い物が可能になります。またカードローンでは消費者金融系は規制の対象ですが、銀行系や総量規制対象外ですから、多重債務が起きる可能性はまだ残っています。

無職でもお金を借りれるの?

消費者金融などは正社員でなくても、定期的な収入を得ているのであればパートやアルバイトでも利用することができます。また仕事をしていない無収入の専業主婦でも配偶者に収入があればお金を借りることができます。ですが、主婦ではなく無職である場合、カードローンなどを利用することはかなり難しいです。そのためお金が必要になったら知り合いや親族に借りるという方法をとることになります。しかしそれまで仕事に就いていても急にリストラや病気などで無職になる可能性もありますし、年金だけの生活では貸してくれる金融機関も減ります。できればそうした状況に備えて、仕事があるうちにとりあえずカードローンに申し込んでおくということもひとつの方法です。

ブラックでもOK?

自分はブラックリストに掲載されているのでお金を貸して貰えないと感じているケースは多いのではないでしょうか。しかし、ネットの中で調べてみるとブラックでもお金を貸して貰えた、ブラックOKの金融業者があるなどの情報を見かけることがあると感じている人も多いのではないでしょうか。

 

ブラックリストは個人信用情報内に金融の中でのトラブル情報のことを意味しています。トラブル情報には自己破産や個人再生手続きを行ったことがある、過去の借金返済を延滞していた、などになります。一般的にはこれらの情報が掲載してあれば、融資を行う側は慎重になるため基本的にはブラックリストに掲載されている場合には融資を受けることは出来ません。但し、一部の金融業者の中には少額融資であればブラックでもキャッシング利用が出来る会社もゼロではありません。

自己破産してもお金を借りれるの?

自己破産でもお金を借りることはできますが、安全な方法にする必要があります。自己破産の手続きを行ったときに官報に掲載されてしまうことが問題であり、誰でも無料で見ることができます。悪徳業者はここから情報を集めており、借り入れが困難な状況を狙って勧誘してくることが多いです。他では借りられない、と考えて契約してしまうと支払いに苦しむことになるので利用は避けましょう。
中小の消費者金融では自己破産者でも契約できるところがあるため、それを探します。この場合も正規の業者を装っていることがあるため、登録されているか、情報に相違はないか、という点を確認してから申し込みます。なお、自己破産したことは審査でマイナスになるため、落ちる場合も多いです。

母子家庭でもお金を借りれるの?

現在、金融機関では安定した収入があるかどうか等は重視しますが、その人が母子家庭かどうかと言う事はそれほど重視する事は有りません。なぜなら、母子家庭自体それ程珍しいものではないからです。

 

金融機関で融資を受ける際は、窓口や無人契約機、インターネットなどの方法で申し込みをまず行います。この際、なるべく詳しく自分の事を伝える事と、必ず誤りがないように伝える事が重要です。その後審査が行われ、それにパスする事が出来れば融資を受ける事が出来ます。母子家庭はお金を借りる事が出来ない、難しいと言われていた時代も有りますが、現時点では家族構成が融資の可否に影響する事は有りません。ただその人自身の収入は借入限度額に大きく影響する為、正社員の方がパートで働く人よりも多くお金を借りる事が出来る傾向です。

闇金の金利はどのくらい?

ヤミ金とかサラ金というものは、わかりやすく言えば法で定められている利率以上の利息を取る業者であり、月々の返済が滞ったりすると執拗な取り立てや嫌がらせをする団体の総称ということになります。サラ金以外にもそして闇金以外にも金利でトイチつまり10日で一割の利息を要求するようなところも現代社会ではだたくさんあるので注意が必要になります。特に最初は無利息とか、一か月間が利息が付かないというような触れ込みで気軽に貸すようなところは要警戒です。
また全般的に言えることですが、銀行系列の金融機関でも相対的には結構高い利率になっているところがあるので、お金を借りるときには慎重な上にも慎重な判断と行動が求められます。

土日祝日にお金を借りれる?

土日や夜間にお金を借りる場合、対応しているのは24時間振り込み対応しているネット銀行やカードを使ったatmの利用などです。土曜日や日曜日、夜中などは一般的な銀行は業務を行っていないので、銀行振り込みは手続きはできますが、実際に処理が行われるのは翌営業日になります。
振り込み先に指定できる銀行口座は金融機関によって制限されているので、土日や深夜に借り入れをする可能性がある場合には、それを考慮して利用する金融機関を決めておきましょう。
土日や夜に新規契約して借りることもできますが、勤務先に誰もいないと在籍確認ができずに審査が止まります。これを避けるには、書類代用が可能である、または仮契約して在籍確認ができてから限度額を設定できるところに申し込む必要があります

 

 

更新履歴